施工管理の仕事、収入はどれくらい?

施工管理の仕事の年収はどれくらいなのでしょうか。

転職を考えている人にとっては、年収は重要ポイントですよね。

施工管理の平均年収について知り、就職、転職を検討しましょう。

【平均年収はいくら?】

施工管理の平均年収は、約450万円となっています。

いろんな仕事すべての平均年収が約440万円となっていますので、平均よりはやや高めと言えます。

もちろん、年代によって年収は違いがあります。

20代は300万円台ですが、30代になると400万円を超えてきますので、平均よりは高めとなるでしょう。

40代だと500万円台になり、50代でもそれは維持されます。

施工管理の仕事場は男性が多いのですが、女性もいます。

収入は男性も女性も同じです。

【地域によって年収の差が】

平均すると約450万円の収入がある施工管理ですが、地域によって年収に差があります。

特に東京や大阪などの都市部では、年収が高めに設定されているようです。

東京では、年収600万円くらいから900万円くらいの求人情報があります。

中には年収1000万円を超える仕事の求人もあるようです。

マンション建設などが多いため、施工管理の仕事は多いと考えられます。

【高給を狙うなら】

高給を狙うのであれば、都市部での求人情報を探してみましょう。

また、施工管理技士1級を取得するのも高給が狙えます。

この資格は施工管理の仕事をする上で重要なもので、1級を持っていると優遇してくれる会社は多いのです。

特に大手はその傾向がありますので、転職サイトなどを使って探してみると良いですね。

転職希望者で多い年齢層

転職を希望する年齢は、職種によって様々です。

その中で施工管理の仕事に転職を考えている人は、何歳くらいの人が多いのでしょう。

施工管理への転職希望者の年齢は、何歳くらいが多いのか調べてみました。

【一番多いのは40歳代】

施工管理の仕事に就きたいと転職を希望している人の中では、40代の人が一番多いようです。

施工管理の仕事は実務経験がある程度必要です。

施工管理技士の資格を取るにしても実務経験などの条件がありますので、ある程度年齢を重ねていないと転職は難しいようです。

【50歳代、60歳代でも希望が】

最近の50歳代、60歳代はとても若々しい人が多いですね。

まだまだ働けるという人も多く、施工管理においては年齢が高くなっても転職先はあると言われています。

そのため、40代以降でも施工管理技士の資格試験にチャレンジする人が多いようです。

60歳代になると正社員としての採用は難しいかもしれませんが、資格があれば何らかの形で施工管理の仕事に関われるかもしれません。

建設業界は今人手が足りない状況ともいわれています。

積極的に中途採用を行っている企業も多く、50代、60代の採用も多いため希望があると言えるでしょう。

◎参考資料:建設業界の人材争奪戦相次ぐ・・・http://toyokeizai.net/articles/-/33917

【現場監督がしたいなら資格を】

施工管理の仕事に興味があり、建築現場などの現場監督になりたいのであれば、施工管理技士の資格を取得しておくことをおすすめします。

資格取得のためには勉強しなければなりませんが、施工管理技士の資格を目指す人は仕事をしながらの人が多いので、仕事と勉強を両立させなければなりません。

これが大変だと言われていますが、資格が取得できれば転職先を探すのも楽になります。