施工管理の仕事、求人数は多いの?

施工管理の仕事の求人はたくさんあるのでしょうか。

施工管理の仕事に転職したいのだけれど、求人があまりなかったら難しいですよね。

最近では、施工管理の求人は増加傾向にあるようなので転職を考えている人にとってはチャンスかもしれません。

【震災復興関連の需要が多い】

ここ数年の日本は、大きな自然災害に見舞われてしまいました。

そのため、住宅を失った人がたくさんいます。

震災復興関連の需要が増えているため、施工管理の求人も多く出ていると考えられます。

また、地震対策のための住宅を建てる人が増えたのもこの仕事の求人が多い理由です。

実際に復興のため施工管理技士の資格を使って復興活動を行っている方も多くいらっしゃいます。

▽元市職員が復興のため町職員へ:被災地転職:「復興の力に」…全国から福島に派遣の職員

【都市部に多い求人】

施工管理の求人は、やはり都市部に多いです。

東京などではマンションの建設が盛んですから、施工管理の仕事が山ほどあると言われています。

現場に管理監督する人が1人以上必要ですから、求人が多いのです。

【未経験者でも大丈夫】

施工管理の仕事は、ある程度の実務経験が必要ですから経験者歓迎としているところが多いです。

しかし、東京など人材不足のところでは経験不問でもOKとしているところがあります。

今まで全く違う業種で仕事をしていて、施工管理に転職したいという人でも採用してくれる会社はありますので、東京などの都市部で探してみると良いでしょう。

経験がなければ見習いという形で採用してくれるところもあり、仕事は現場で直接学びながら覚えていくようにします。

今まで施工管理の仕事は未経験だけれど、それに関連する学校を出ているだけでも就職や転職に有利になることがあります。

施工管理に転職前と転職後の仕事先は

最近はいろんな理由から転職する人が増えています。

昔はそう簡単に転職することがなかったのですが、今では情報量も増えて転職活動もしやすくなったためか、多くなってきました。

施工管理という仕事がありますが、転職する人も多いようです。

【施工管理に転職する前の職種】

施工管理の仕事に転職した人が、その前に就いていたのはどんな職種だったのかというと、一番多いのがやはり施工管理でした。

次いで設計やデザイン、測量、積算、そして建設や不動産の営業をしていた人がいるようですね。

今までの施工管理の職場よりも条件などが良いところを探して転職する人が多いようです。

【施工管理から転職した後の職種】

今まで施工管理の仕事をしていた人が転職した先でどんな仕事をしているかというと、やはり施工管理です。

実務経験を積んできているので同じ職種の方が仕事に馴染みやすいですし、施工管理技士などの資格を持っている人ならそれを活かした方が良いので、結局は同じ職種を選ぶ傾向にあるようです。

資格を持ち、実務経験も積んでいれば責任者になれる可能性は高いですし、そうなれば給与も多くなるのでそのまま同じ職種に就くようですね。

【経験があればあるほど有利】

施工管理の仕事は、実務経験があればあるほど有利なものですから、何年か経験を積んできた人は全く別の職種に就くことは少ないようです。

資格があって経験も積んでいる人なら、良い条件で転職できることがあるのです。