キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施工管理の仕事、収入はどれくらい? : 奥が深い施工管理への転職!

施工管理の仕事、収入はどれくらい?

奥が深い施工管理への転職!

施工管理の平均年収についてです。平均よりも高めですが、都市部に転職すればもっと高給がもらえるかもしれません。

奥が深い施工管理への転職!のメイン画像

新着記事

施工管理の仕事、収入はどれくらい?

施工管理の平均年収についてです。平均よりも高めですが、都市部に転職すればもっと高給がもらえるかもしれません。

施工管理に転職前と転職後の仕事先は

施工管理の仕事をしていた人が前に就いていた職種、施工管理から転職した人が就いた仕事についてまとめています。

施工管理の仕事、収入はどれくらい?

施工管理の仕事の年収はどれくらいなのでしょうか。

転職を考えている人にとっては、年収は重要ポイントですよね。

施工管理の平均年収について知り、就職、転職を検討しましょう。

【平均年収はいくら?】

施工管理の平均年収は、約450万円となっています。

いろんな仕事すべての平均年収が約440万円となっていますので、平均よりはやや高めと言えます。

もちろん、年代によって年収は違いがあります。

20代は300万円台ですが、30代になると400万円を超えてきますので、平均よりは高めとなるでしょう。

40代だと500万円台になり、50代でもそれは維持されます。

施工管理の仕事場は男性が多いのですが、女性もいます。

収入は男性も女性も同じです。

【地域によって年収の差が】

平均すると約450万円の収入がある施工管理ですが、地域によって年収に差があります。

特に東京や大阪などの都市部では、年収が高めに設定されているようです。

東京では、年収600万円くらいから900万円くらいの求人情報があります。

中には年収1000万円を超える仕事の求人もあるようです。

マンション建設などが多いため、施工管理の仕事は多いと考えられます。

【高給を狙うなら】

高給を狙うのであれば、都市部での求人情報を探してみましょう。

また、施工管理技士1級を取得するのも高給が狙えます。

この資格は施工管理の仕事をする上で重要なもので、1級を持っていると優遇してくれる会社は多いのです。

特に大手はその傾向がありますので、転職サイトなどを使って探してみると良いですね。