キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施工管理技士の資格について : 奥が深い施工管理への転職!

施工管理技士の資格について

奥が深い施工管理への転職!

施工管理技士の資格についてです。この資格を持っていると責任のある仕事に就け、転職もしやすくなります。

奥が深い施工管理への転職!のメイン画像

新着記事

施工管理の仕事、収入はどれくらい?

施工管理の平均年収についてです。平均よりも高めですが、都市部に転職すればもっと高給がもらえるかもしれません。

施工管理に転職前と転職後の仕事先は

施工管理の仕事をしていた人が前に就いていた職種、施工管理から転職した人が就いた仕事についてまとめています。

施工管理技士の資格について

施工管理の仕事をするのに、施工管理技士という資格が必要です。

建築業界では必要な資格なので、持っていて損はありません。

この資格が有るか無いかで転職にも有利です。

施工管理技士の資格についてまとめました。

【施工管理技士の種類】

施工管理技士には、建設機械施工技師、建築施工管理技士、管工事施工管理技士、造園施工管理技士、土木施工管理技士、電気工事施工管理技士の6種類があります。

これらの資格には1級と2級があり、2級はそれほど難しくありませんが、仕事のできる範囲が決まっています。

1級は難易度が上がるのですが監理技術者として現場で働けます。

1級を持っていると就職、転職にはとても有利です。

【誰でも受けられるの?】

施工管理技士を受験するには、一定の学歴や実務経験が必要となります。

実務経験は学歴と主任技術者としての経験と、2級の資格を持っているか否かで変わってきます。

受験を考えている人は、自分は受験資格を満たしているかを確認してみましょう。

この資格は男女問わず受験可能です。

実務経験が必要なため、40歳代の人もたくさん受験しています。

【資格を取るとどう変わる?】

施工管理技士の資格を持っていると、責任者として仕事をすることができます。

ですから給与は確実に上がります。

しかしその分責任も重くなるので、給与に見合った仕事になると言えます。

これから転職を考えている、給与アップを望んでいるならぜひ施工管理技士の資格を取ってみましょう。