施工管理の仕事とは?転職事情は?

施工管理という仕事はご存知でしょうか。

施工管理は建築業で安全管理や品質管理、原価管理、工程管理などの総称です。

これをしっかり行わないと工期が伸びたり予算通りいかなかったりするのです。

具体的に、施工管理はどんなことをするのか調べてみました。

【どんな仕事?】

施工管理は建築現場で工程管理や安全管理などを行います。

計画的に工事を進めて質の高い仕事をするために、施工管理は必要なのです。

発注者との打ち合わせや現場で働く人の監督、指導を行います。

誰でもできるものではなく、施工管理技士の資格が必要です。

【転職は有利?】

施工管理技士にはいくつかの種類があって、それぞれ1級と2級があります。

まず2級を取得して実務経験を積み、1級を取得するのが一般的です。

施工管理技士の資格があると転職も有利になり、2級よりも1級を持っている方が優遇されます。

【建築現場には必要な人】

施工管理ができる人は、建築現場に必ずいないといけないので資格を持っていれば転職先は探しやすいと言えます。

2級を取得しているなら1級取得を目指してみると良いでしょう。

施工管理技士は独立して仕事するよりも、建築会社に正社員として入ることになります。

簡単に取れる資格ではありませんが、あなたが施工管理に絞って転職を考えているなら必須の資格です。